Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘お知らせ’ Category

ぴあさぽだより

私たち先輩のいる学習相談室(ピアサポート)では、数学や物理、専門科目などの学習相談や研究室選択、大学内での困ったことやアルバイトなどの生活相談を受け付けています。今年度から数学同好会のメンバーが運営に参加した影響もあり、既に昨年度の相談件数を大幅に超えています。(昨年度:177件、今年度12月時点:262件)
そこで今回は、今年度から運営に参加し貢献してくれた生命・物質4年市木祐輔さんと電気電子2年成瀬克芳さんの二人にお話を伺いました。

―まず、ピアサポートに参加してみて感じたことをお聞かせください。
市木(以下、市)「ピアサポートって結構認知度低いんだなぁと感じました(笑)」
成瀬(以下、成)「私もピアサポーターとして参加するまでは知りませんでした」
―私たちにとってピアサポートを知ってもらうということが永遠の課題ですね。そのために今年度はのぼりの数を増やしたり、数学の授業で紹介させてもらったりと広報活動をしてきました。
成「意外と相談に来てくれる人がいて驚きました」

―広報活動の効果もあったと思いますが、1番は成瀬さんをはじめとした数学担当者が増えたことです。相談件数も最も多いです。では次に、ピアサポートのやりがいについてお聞かせください。
成「相談に来てくれた人が問題を解決、そうでなくても来たことで何かしら進展したことで感謝されるのは嬉しいです」
―これこそピアサポートの醍醐味ですね。
成「頑張っている人を見ることで自分も頑張ろうという力をもらえます」
―相談者を鼓舞するだけでなく、私たちも元気づけられているのですね。
市「今のやりがいは、ピアメンバーとの縦・横のつながりが持てて、コミュニケーションをとれるところです」
―いろんな学年・学科の人たちがいるので普段では聞けないようなこと聞けますしね。
成「はじめは院生の方がメインだったので堅い感じでした。もっとアットホームな感じにしていけたらなぁと思います」

―確かにまだまだ堅苦しい雰囲気はあるかもしれないですね。部活やサークルのような感じにできたらいいなと思います。他に今後やっていきたいことはありますか。
市「ピアサポートの認知度を上げることです。名工大内には就活・キャリアサポーターという組織があるのですが、そのような組織と連携したイベント等を通して『ピアサポート』という組織を知ってもらう機会を作れたらと思います」
成「最近はあまり勉強に意欲的な学生はいない感じがします。学生自身の意識にも問題が有るかと思いますが、開設されている講義が狭すぎて学生の求める講義がなく、学習のモチベーションが上がらない気もします。大学をもっと活気づけるためにも学生の意見を先生や学務の方々に発信していきたいと思います」

―では最後に相談者のみなさんに一言お願いします。
市「みなさんゆめ空間2階に来てください!」
成「どうしても学習面の印象ばかり強くなりがちですが、生活・大学のことについて趣味や雑談でもぜひ来てください」

Read Full Post »

24号館前の駐輪禁止区域の様子。

24号館前の駐輪禁止区域の様子。

環境委員会NEP部では、学内の環境について考え、自身が主体となり環境改善のために行動しています。その活動の1つとして学内の駐輪状況の改善があります。
名工大は自転車で通学をする生徒が多くいます。しかし、その中で駐輪禁止区域に駐輪している自転車が目立ちます。特に、52号館前、24号館前、6号館前の駐輪状況はひどいと言わざるを得ません。どれも歩道であったり、消防車等の緊急車両が通る道であったりと、自転車が駐輪されていると迷惑がかかる可能性があります。
そこで、環境委員会NEP部は写真のように駐輪禁止区域に赤コーンの設置をしました。この赤コーンが設置してある周辺には駐輪せずに、正規の駐輪場に自転車を駐輪しましょう。学内の駐輪状況の改善には、学生のみなさんのご協力が必要です。ご協力よろしくお願いします!

Read Full Post »

ぴあサポだより

困ったときはここに相談しに行こう!!

困ったときはここに相談しに行こう!!


私たち先輩のいる学習相談室(通称ピアサポート)では、数学や物理、専門科目などの学習相談や、研究室選択や大学内での困ったことなどの生活相談を受け付けています。ピアサポートは主に大学院生が中心となって運営しています。今年度から数学同好会のメンバーが運営に参加して、数学に関する相談件数が飛躍的に増加し高評価を得ています。学習相談はもちろんですが、後期からはプログラム選択や研究室配属など進路選択で悩む人も多いと思います。そんなときは一度ピアサポートに足を運んでみてください。経験してきた先輩たちが待っています。

Read Full Post »

合格者発表行われる

合格者発表時の2号館前での胴上げの模様。

合格者発表時の2号館前での胴上げの模様。

友達3人で合格発表に来た学生ら。

友達3人で合格発表に来た学生ら。

3月7日正午、平成25年度名工大前期試験合格発表が2号館前にて行われた。ホームページ上での合格発表ではなく、いち早く合否をその目で確かめようと多くの受験生らが2号館1階前に集まった。受験生らの目の前に合格者の受験番号が貼り出されると、集まっていた受験生は一斉に掲示板に集まり、合格者の歓喜の声が青空に響き渡った。また、合格者を祝福し、いち早く新入部員を獲得するために集まったクラブ・サークルによって、ビラ配りが行われた。毎年恒例になっているボート部とアメフト部による胴上7げによってしばらくの間2号館前は多くの人の賑やかな空気に包まれた。
この日、友達3人で発表を見に来た男子学生らは「胴上げちょっと怖かったです。全員で受かるのが夢だったので、叶って良かったです。今日めっちゃどきどきしてました」と感想を述べた。

Read Full Post »

今年から形態を変え、『測定分門』と『診察部門』に分かれた健康診断。その『測定部門』が1月28日から開始した。『測定分門』は図書館裏手の保健センター2階で行われており、証明書を発行するにはこの『測定部門』と『診察部門』の両方を受診している必要がある。今回は『測定部門』を行った際の報告書を提出しよう。
まず、保健センターに入ると『測定部門』への案内が出ている。道なりに沿って2階へ上がると、そこには身長・体重計、視力検査装置、血圧計、そして測定結果表示モニターが置かれた部屋にたどり着く。そこは完全の無人。測定機器と被測定者以外には誰も存在しない。なぜなら、測定の記録は我らが学生のお供、学生証が行ってくれるからだ。それぞれの測定機器の付近には出欠システムでおなじみのピロン、もとい、ここ保健センターではピピと鳴る機械が鎮座している。私たちの身体測定はこの機械に学生証をかざすとこから始まるのだ。ここで間違えてはいけないのが、先に学生証をかざすこと。講義が始まる前に打刻をするように、測定前にピピとかざす。そして、講義と違うのは測定後にはただ学生証をどかすだけでいいということだ。
さて、測定室が無人ということは、測定方法が間違っていても注意をしてくれる人がいないということ。そこで、少し注意点を伝えておこう。まずは身長・体重計。これは土足厳禁だ。思ったより身長が伸びていると喜んでいる人、まずは確認しよう。ちゃんと靴は脱いでいるだろうか。続いて視力検査。ここでは裸眼と矯正視力とに分かれている。生半可な裸眼で矯正視力用の視力検査装置を使おうものなら、最後にコンタクト・またはメガネの買い替えを勧められてしまうだろう。そして最後に血圧計。こいつは言わずもがな。激しい運動直後に測ってはいけない。これらの注意点を潜り抜ければ、おめでとう、無事測定は終了だ。しかし、忘れてはいけない。測定結果表示モニターがあなたに測定結果を確認してもらうのを待っている。モニターは測定結果次第でメッセージをくれるという優れもの。そんな機械を見ずして帰るというのはいただけない。自分の現実を受け止めてから『測定部門』に幕を閉じよう。
以上が、今回私が『測定部門』を行った報告書である。これを読んだ諸君、ぜひ早めに受診を行ってくれ。進学予定の学部4年生の方は学生証の手続き上、新学期まで待っていただかなければならないが、その他の学生の方はできるだけ早めに行っておくことをお勧めする。なに、今の体重に不満があっても気にすることはない。なぜなら、データは期間中なら何度でも上書き可能、つまり、何度でも測定をし直すことができるのだから。さあ、学生証を持って健康診断『測定部門』に訪れよう。

Read Full Post »

平素は名工大新聞をお読みいただき、ありがとうございます。

今月初頭に発行しました名工大新聞4月号につきまして、
掲載内容に誤りがありましたので、お詫びと訂正をさせていただきます。
具体的な正誤に関しては、以下のPDFファイルをご確認ください。
名工大新聞 4月号に関するお詫びと訂正文

なお、本件に伴いまして、配布ボックス等での新聞配布を一時停止しておりましたが、来週以降配布を再開する予定です。
関係者の皆様には、ご迷惑おかけしたことをお詫び申し上げます。

Read Full Post »

大学院入試合格者発表

9月9日、本学大学院博士課程の合格者発表が行われた。合否結果は2号館1階に掲示され、白衣姿で結果を確認する学生などが見られた。今年度の前期課程合格者は昨年と同様の440人、後期課程合格者は7人減の40人であった。
志望倍率に関しては、博士前期課程において物質工学専攻は増加したが、機能工学専攻、情報工学専攻、未来材料創成工学専攻は、ほぼ横ばい。
社会工学専攻、産業戦略工学専攻、創成シミュレーション工学専攻においては減少に転じており、全体倍率も1.56から1.47と減少した。
昨年、一昨年は全体の倍率は1.5を維持していたが、今年は未来材料創成工学専攻、創成シミュレーション工学専攻新設など大学院改変のあった平成21年度以来初の減となった。また、博士後期課程では全員が合格する結果であった。

Read Full Post »

Older Posts »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。