Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘アンケート調査’ Category

本学のウェブサイトのアドレス名などに使われている、「nitech」。本学の名前を英字表記した「Nagoya Institute of Technology」のNagoyaのN、InstituteのI。そしてTechnologyのTechをとって、「nitech」となっており、他の工業大学でも同様の表記が見られる。パソコンなどで入力する機会も多い「nitech」だが、どう読むのが正しいのだろうか?
学生生活チームへインタビューしたところ、「正式な読み方は、存在していない」とのこと。となれば気になるのが、「どのような呼び方が一番多いのか?」ということだ。部員の友人やTwitterを通して、読み方のアンケートを実施してみると次のような結果になった。
1位は「にってく」の14票。2位は「ないてっく」で、11票。3位は「えぬあいてっく」で、5票。同着で「にってっく」もあげられ、4位は「にてっく」の4票。最下位は「にっとてっく」で1票だった。大きく分けると「にってく」と「ないてっく」の2つの読み方に分けられた。
それぞれの読み方の理由の一位にあがったのは、「入学して最初の授業で、担当教員がそのように読んでいたから」であった。学科別に集計すると、特定の答えに集中していることもわかり、そのことからも、教員の影響を受けていることがわかる。また「にってく」と答えた理由には、「『ないてっく』だと技術が『ない』とか未来が『ない』とか解釈できて、いい気分がしないから」や「MIT(マサチューセッツ工科大)をもじってNITとし、それに工科大のTECHをくっつけたものだと解釈しているから」などが挙がった。ほかの読み方、「にてっく」「にっとてっく」などの読み方の理由は、「そのまま読んでいる」や「直感・勘」などが挙げられた。総じて特に気にせず、最初に聞いた読み方でそのまま読んでいる人が多い印象だ。
入力するだけでは気にならない「読み方」であるが、他人の読み方を気にしてみると、おもしろい読み方が見つかるかもしれない。

広告

Read Full Post »

大学生活期待度調査~新入生約50人に聞きました~

3月31日に行われた新入生対象のイベント「COOP FAMILY」にて、新聞部は新入生に大学生活への期待度調査のアンケートを実施しました。(有効回答44人)
その結果、約70%の新入生が大学生活に大きな期待を持っていることがわかりました。
大学生活への期待度に何が大きく影響しているかを重回帰分析を用いて調べたところ「いろいろなところに旅行に行きたい」という項目が最も影響しているという結果になりました。時間のある大学生だからこそ行動範囲を広げたいという気持ちの表れでしょうか。

サークル+コンパ=出会いの予感!?
「サークル・部活をがんばりたい」「コンパや飲み会に参加したい」の相関と「コンパや飲み会に参加したい」「彼氏・彼女を作りたい」の相関が他に比べて高いことがわかりました。ここに名工大生の恋人作りに対する仮説「サークルに入るとコンパに参加できて恋人が作れる」が見え隠れします。仮説が本当かどうかはあなた次第?

Read Full Post »

大学生活期待度調査~新入生約100人に聞きました~

3月28日に行われた新入生対象のオープンキャンパスにて、名工大新聞部は参加者の約6割に当たる103名に大学への期待度調査を実施しました。当日アンケートに答えてくださった皆様、ご協力ありがとうございました。アンケート内容は昨年と変えていなかったのですが、やはりその年毎に特徴は違うようです。注目の結果は次の通り!

大学生活にしかできないこと
昨年同様70%近くの新入生が大学生活に大きな期待を抱いていることがわかりました。さらに、総合的な大学生活への影響を調べるため重回帰分析を用いて解析をした結果、「ど祭りなど学生主体のイベントに参加したい」という項目が一番影響を与えているということがわかりました。そして第2位は「友達をたくさん作りたい」、第3位は「部活やサークルを頑張りたい」など友達を作り、その仲間と共に取り組んでいけるものに興味を示している学生がたくさんいることが伺えます。
大学生活では高校と違って交友範囲もグッと広がり、同世代だけでなくバイトや部活などで幅広い年代の人たちや自分と違った分野の人たちと活動を共にすることも多くなると思います。是非こうした経験を元に友達の輪を広め、視野を広げてみてはいかがでしょうか?
特に今月は名工大の一大イベント、工大祭が行われますね。アンケートに答えてくれた新入生の中にも模擬店の準備に忙しい人がいるのでは?クラスの仲間と仲良くなれる絶好の機会でもあるので是非クラス一丸となって工大祭を盛り上げてください!

昨年度との比較は
なお、昨年の結果と比較してみたいという方はバックナンバーが名工大新聞HPに掲載してありますのでご覧下さい。また、昨年度大学が行った在校生への生活実態調査結果は2号館に掲示してあります。こちらと併せてみてみてはいかがでしょうか?

Read Full Post »

06年度新入生約100人にアンケート 大学生活への期待度調査

3月31日に行われたオープンキャンパスにて、新入生の皆様110名に大学への期待度調査を実施しました。風の強い中、答えてくれた皆様、どうもありがとうございます!結果は次のとおり。

大学は勉強するために70%以上の名工大生が大学生活に大きな期待を抱いていることが分かりました。特に名工大生の特色としては、期待度への影響を調べるため重回帰分析を用いて解析をした結果、大学への勉強をがんばりたいと思っている人ほど大学生活の期待度が高いことが分かりました。さすが名工大生!
ただ、1 年生のうちは基礎科目が多いため、思っていたことと違う、早く専門を学びたい、と思う新入生も出てくるのかも??そんな人は早いうちに、興味を持った分野の先生や先輩に声をかけてみましょう。研究室見学をさせてくれたりお勧めの本を紹介してくれたり、なんてこともあるかもしれませんよ。
他にも友達の輪を広げたい、飲み会をしたい、ど祭りなどの学生主催のイベントへ参加したい、など大学生だからこそ取り組めるものが大学生活の期待度に大きな影響を与えていました。一度しかない大学生活、全身全霊をかけて打ち込めることを見つけてください!

彼女はコンパで見つける!?
男子学生が9割を占める名工大では彼女を見つけるのは至難の業。彼女がほしいと思ってはいるものの、いったいどこで出会いがあるんだ!?と思う人たちも多いのでは?今回のアンケートでは「彼女の欲しい人」と「コンパや飲み会への参加」の相関の強さを表す相関係数が0・7と大変大きいのが印象的でした。ここから彼女はコンパで見つけようと思っている(?)とも考えられるわけですが、先輩達の実情はどうなのでしょう??希望が多ければ、追跡調査をしたいと考えていますので、皆様のお便り、お待ちしています♪

Read Full Post »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。