Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘学内’ Category

左からトッサヴァイネンさん、大囿准教授、白松助教

2014年3月、新谷虎松教授、大囿忠親准教授、白松俊助教らの研究グループ(情報)がLinked Open Data チャレンジ Japan 2013にて、データセット部門優秀賞を受賞した。Linked Open Data(以下、LOD)は、政府や民間団体が発信したオープンデータなどをwebの技術を用いてコンピュータが扱い易い形式へと変換し、インターネット上に公開し共有することで、情報をわかりやすい形で迅速に伝達することができる仕組みや新しいサービスを立ち上げていこうという試みである。LOD チャレンジ Japanは、アメリカやヨーロッパなど世界中のあらゆる分野で導入が進んでいるLODという仕組みを日本でも推進し、それにチャレンジした作品を募るコンテストだ。

日本でオープンデータというと、行政が公開しているオープンガバメントデータが挙げられる。オープンガバメントデータでは例えば、少子高齢化問題など行政だけでなく、専門家や市民が一丸となって解決する問題を扱っているが、行政がオープンガバメントデータを公開してもデータの利用の仕方が分からないといった問題が存在する。愛知県内でも積極的にLODに取り組んでいる自治体が存在し、住民に積極的に地方自治に参加してもらえるような仕掛けを行っている。

今回の「復興目標LOD」では、震災復興のための各目標に対して、目標間の関係や市民との関係などを整理し、LODとして提供するところがユニークであること、中でも目標を整理するためのデータモデルを作成することが重要であり、震災復興だけでなく社会問題など適用範囲が広いことが評価されての受賞となっている。受賞理由にもある通り、「復興目標LOD」は震災復興目標だけでなく他の問題解決のためのLODとして応用することが出来る。そこで、同研究グループでは現在トッサヴァイネンさん(情報工学専攻)が中心となって『ゴオルシェア』というwebアプリを開発している。多くの社会問題は利害関係が複雑に絡み合っていることが多く、解決のためには多くの人が集まった方がいい。しかし、多くの人が一同に会することは殆ど無い。その問題を解決するために誰がどの課題をどんな道筋で解決しようとしているかをLOD化して共有することで、問題意識の似た他者との協働・協力の可能性を検討しやすくなったり、有力者が何をしようとしているかなどの透明性を向上させたりすることも出来る。

白松助教は「同じ目的のデータモデルが乱立すると無駄な変換コストがかかるため、共通の規格を整備することが重要です。昔からやろうとしていることがようやく花開きつつある。オープンデータの規格で日本発のものを作りたい。現在研究で苦労している点はどうやってユーザを増やすかという点。イベントで実際に体験してもらって簡単だとわかってもらうのが大事。ユーザーに使ってもらうためには技術的な側面とフィールドワークの側面での開発が必要で、情報工学の人間としてフィールドワークにも力を入れていきたい。」と語る。

今回の受賞を受けて、白松助教は「みんなの役に立つことをしたいと思ったとき、気軽に参加出来るようにしたい。自分の気付かなかった場所に目を向けるきっかけになってくれたらいいなと思う。」また、大囿准教授は「僕たちが作ったものには無関心であった人をより社会に参加させる力があると考えている。より、人と人とが繋がることが出来るようになれば」と話してくれた。『ゴオルシェア』を開発しているトッサヴァイネンさんは「フィンランドではすでにオープンデータが盛んで、日本と国際コラボレーションできてうれしい。日本でもLODについて広めていけたら」と語った。

日本でオープンデータの流れが進みだしたのがちょうど去年頃であり最近の出来事であり、今後オープンデータは様々な問題を人々が協力して解決していくためのシステムとして期待される。データ間のリンクを作るという事は人と人とのリンクを作ること、オープンデータの目指すものは人と人とが繋がっていくことであると言えるのかもしれない。

広告

Read Full Post »

認知症の新診断法を提唱した加藤昇平准教授。

認知症の新診断法を提唱した加藤昇平准教授。

加藤昇平准教授(情報)の研究が研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)に採択された。A-STEPは、大学等で生まれた国民経済上重要な研究成果を実用化につなげるための国家の技術移転支援プログラム。実用化への実現度合いから、フィージビリティスタディステージ(ステージⅠ)、産学共同促進ステージ(ステージⅡ)、実用化挑戦ステージ(ステージⅢ)から構成されており、加藤准教授は書類審査、面接審査を経てステージⅡのハイリスク挑戦タイプに選ばれた。
加藤研究室では、「感性・知能ロボティクス」、「人工生命・人工社会」、「生体情報と音楽情報科学」の3分野を中心とした人工知能技術の研究を行っており、今回は、音声解析と生体情報の技術を医工連携研究へ応用した実践的プロジェクトである「非専門家でも短時間で実施できる『軽度認知症スクリーニングツール』の研究開発」という研究で採択された。この研究は人間の発話音声に含まれる韻律特徴(高低や強弱など)から認知症かどうかを判定するもので、話し相手の感情を理解し心を通じたコミュニケーションができるロボットの開発で培った技術を応用している。
認知症は早期発見が重要であるが、高齢者の中には病院での受診に抵抗を感じる人も多い。現在の診断では専門医と質疑応答する方法や脊髄に造影剤を注射し、脳の状態を検査する方法が用いられ、受診者の負担が大きい。しかし、新たな方法ではロボットや家族・知人との会話音声のみから判断できるため、専門医へ受診すべきかどうかを事前に手軽にチェックができる利点がある。実用化に向けては方法を模索している段階で、スマートフォン用アプリとして各端末に搭載する方法や高齢者介護施設等にロボットを設置する方法などが考えられている。
加藤准教授は「少子高齢化が進み介護や福祉がより重要な世の中になると考えられる中で、この研究は社会的に意義が高く、使命感がありやりがいを感じている。若者には将来を豊かにするためにもっと輝いてほしい」と話した。

Read Full Post »

精密工学会技術奨励賞を受賞したウキエツさん。

精密工学会技術奨励賞を受賞したウキエツさん。

梅崎研究室所属のウキエツさん(情報D2)が2013年度精密工学会技術奨励賞を受賞した。この賞は公益社団法人精密工学会より、精密工学分野において顕著な業績をあげた独創性・将来性のある新進気鋭の研究者・技術者に対して贈られる賞だ。毎年5人程が選出される。2013年9月13日に開催された精密工学会秋季大会において贈賞式が行われた。
ウキエツさんの研究テーマは「ワンショット位相シフトデジタルホログラフィを用いた小型三次元計測装置の開発」だ。レーザーの波長を利用した、ナノメートルオーダーの三次元形状計測法である。従来の方法は微弱な振動でも計測精度に影響するため、生産工程の中では使われていない。ウキエツさんはこれらの影響を受けずに済む高速ワンショット(1回撮影)法に注目し研究を行った。ワンショット三次元計測の方法は今までにも見出されていたが、高価な特殊フィルムを使用する必要があった。ウキエツさんらは一般的な小型フィルムを使って1枚の画像で処理する手法を開発した。
ウキエツさんらが開発した手法にはさまざまな可能性がある。レンズなどの透明な製品は、傷の有無や曲率が正しいかどうかを人の目で判断することは難しい。透明なものは従来の三次元計測での計測も困難であったが、今回開発した手法なら可能だ。また、細胞や菌の同定など、今まで顕微鏡で何時間もかけて検査していたものが一瞬で検査できる。将来的には、医療分析や医療機器の分野における応用にも期待される。
今回の受賞についてウキエツさんは「研究の成果が対外的に認められてよかった。研究指導していただいた先生には感謝の気持ちでいっぱいです」と話した。また今後については「三次元計測と三次元形状解析を含めたソフトウェアを作りたい。今回の研究が実際に商品として使えるところまで開発したい」と話した。

Read Full Post »

設立シンポジウム 講演の様子。

設立シンポジウム 講演の様子。

2013年12月26・27日、本学内にてオプトバイオテクノロジー研究センター(以下、センター)の設立シンポジウムが開催された。
この設立シンポジウムは、2013年8月のセンター設立を記念するとともに、センターの「光が関わる生命現象を工学として解析することにより、全く新しい産業の創出に貢献する」という目的を学内外に示すためのものである。2日間で学生や研究者、企業人など150人近くの参加者が集い、学内外の13人の研究者による「光」と「いのち」に関わる学術講演と、参加者との活発なディスカッションが行われた。
当センターは、本学のこれまでの「光といのち」研究の実績に基づき、光の本質や光が関わる生命現象についての基礎研究を伸ばし、生物の光エネルギー変換を解明することで将来の生命科学・材料科学に必須となる研究ツールや新材料を創製、医療分野への発展をも目指していく。センターにはセンター長である神取秀樹教授(生命・物質)をはじめとして、生命・物質工学科、電気電子工学科、機械工学科と広い分野の教員が所属しており、それぞれの教員が各々の「光」及び「いのち」に関わる研究を進めている。光を利用した生命現象の解析は脳研究への貢献などのために大きな注目を集めている学問分野だが、「光といのち」「オプトバイオテクノロジー(光生物工学)」といった単語の提示はセンター独自のものである。神取教授によると、これらのテーマに沿って研究を行っている研究者は国内外ともに少ないが、だからこそ大きな可能性を秘めており、様々な分野の連携が重要になるという。
設立シンポジウムでは、当センターに所属する本学の教員5人と、センターの活動に深く関わる研究を行っており今後連携を進めていく国内研究機関のうち、東京大学、京都大学、岡崎3研究所から招いた8人の研究者が講演を行った。内容は光センサータンパク質、光による生体組織の解析、光電変換や量子論など、広い意味での「光」と「いのち」に関する研究が取り上げられ、今後このセンターが据える切り口を示すものとなった。
設立シンポジウムを終えて、神取教授は「学内のそれぞれの分野に十分なポテンシャルを持っていることを確認できた。それらをうまく利用し連携して外へ発信していくという、センターが目指している方向の重要性を確信した」と語った。今後はセンターに所属する教員に留まらず学内・学外にも広がりを持たせ、異分野間でゆるやかに連携しながら、センターの活動をますます充実させていくという。センターは「『光といのち』研究の世界拠点の形成」も目指しており、来年度には国際シンポジウムも計画しているという。今後の進展が期待されるものである。 

Read Full Post »

女性科学者 日本奨励賞を受賞した小原睦代さん(左)と中村准教授(右)。

女性科学者 日本奨励賞を受賞した小原睦代さん(左)と中村准教授(右)。

9月11日、2013年度 第8回「ロレアル‐ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」が発表され、小原睦代さん(未来材料創成D2)が本学からの初の受賞者となった。この賞は日本の若手女性科学者が、国内の教育・研究機関で研究活動を継続できるよう奨励することを目的として、日本ユネスコ国内委員会の協力のもと、日本ロレアル株式会社により2005年に創設された。博士後期課程に在籍または進学予定の女性科学者で、物質科学及び生命科学から毎年各2人ずつ選出される。
小原さんは研究のやりがいを多くの人に知ってもらい、女性研究者を志す人が増えてほしいとの思いから、この賞への応募に至った。小原さんの研究分野は有機化学・不斉合成であり、「酵素を凌駕する触媒創製、新触媒を用いて医薬品分子の左右を作り分ける」という研究の成果が評価され、物質科学分野で受賞した。
医薬品には鏡像異性体が数多く用いられている。片方は薬効があるが、もう片方は毒性を有し、副作用をもたらす物質も多々あるため、医薬品を作る過程において鏡像異性体の作り分けが重要である。生体内での反応を促進する酵素は天然の触媒であり、環境にやさしい合成ができるなど様々な能力があるが、特定の物質の合成しかできないため、医薬品などの複雑な物質の合成には使用できない。そこで、小原さんは酵素に多く含まれる〝イミダゾール〟にヒントを得て、類似骨格をもつ光学活性な〝イミダゾリン〟を用いることで、立体選択性を制御しながら色々な化合物を効率よく、環境にやさしく合成できる触媒の開発を行った。そして、新しく作った触媒を使って多くの鏡像異性体化合物の作り分けを可能とし、触媒の有用性を示した。この研究は医農薬学、化学工業の発展への貢献が期待される。
今回の受賞について小原さんは「先生や先輩、後輩の支えがあって成果を残せたので、本当にみんなに感謝しています。受賞を通して少しは恩返しできたかなと思います。また、自分以外の受賞者はみな既に博士を卒業し、助教や特任助教という形でアカデミックに残っている大先輩ばかりで、刺激になりました。今後、この賞に見合った研究をしていかなければと気合が入りました。将来は製薬会社に入って、世界中の病気で苦しんでいる人を救えるような新薬を開発する仕事に携わりたいです」と話した。
また、中村修一准教授(生命・物質)は自身の研究室に所属する小原さんの受賞を受け、「非常に素晴らしいことだと思います。名工大の研究室でも日本・世界に通用するということを示してくれました。今回彼女が女性研究者として身近なロールモデルとなり、名工大の女性の学生にとっては勇気づけられる賞ではないかと思います。また、名工大に興味を持つ高校生が増えるきっかけになったらいいなと思います。日本の女性研究者の割合は約13%と少ないですが、この賞は女性がもっと活躍できることを示していると思います」と話した。

Read Full Post »

10月1日、本学にグローバル共生情報研究センターが設置された。今日の国際社会では、急速なグローバル化により、言語・文化・価値観・精神身体機能等の相違や多様性に起因する様々な社会問題が発生している。昔は関わることのなかった人たちと今は関わることができるというのは、新たな可能性を社会にもたらす一方、良好な人間関係を築くことはより難しくなり、人どうしの衝突もより顕著になる。当センターは、情報技術によってこのようなグローバル社会の様々な問題を解決し、地球規模で共生(シンビオティック)できる社会、すなわち互いの能力を活かし合える社会の実現を目指している。
本学の情報分野の研究の拠点として設置された当センターには、情報工学科の教員を中心におよそ20人が所属しているが、幅広い知見を得るために社会工学専攻の教員も所属している。また、研究においては学外との連携の強化を進めており、国内の大学や研究所、政策機関、多くの海外の大学と連携していく。
当センターはシンビオティック・コミュニケーション研究部門、シンビオティック・ライフ研究部門、シンビオティック・クリエーション研究部門の3つの部門からなる。シンビオティック・コミュニケーション研究部門では、言語や文化の障壁を超えたグローバルコミュニケーションを実現する情報技術に関する研究を行う。例として、互いのバックグラウンドを考慮した翻訳システムの開発が挙げられる。シンビオティック・ライフ研究部門では、高齢者や非健常者の能力を引き出し、社会参画を支援する情報技術に関する研究を行う。例として、音や映像を他の情報に変換する支援システムの開発が挙げられる。シンビオティック・クリエーション研究部門では、分散した人々の英知を地球規模で結集し創造的活動を実現する情報技術に関する研究を行う。例として、適切かつ円滑な交渉や意思疎通を可能にする自動合意形成・自動交渉技術の開発が挙げられる。
センター長に就任した佐藤淳教授(情報)は「今まで工学分野で社会問題を扱うことは少なかった。今後広い分野の人と関わっていく中で、従来の工学の殻を打ち破って、新しい工学分野を創生する研究センターにしていきたい」と今後の展望を語った。

Read Full Post »

本学の伊藤孝紀准教授(建築・デザイン)が「NITY」と「OSORO」で2013年度グッドデザイン賞を受賞した。グッドデザイン賞は有形無形に問わず、「そのデザインがくらしを、社会を、豊かにしうる」ことが評価されたものに対して贈られる最高の賞である。
NITYは2011年から本学で実用化を目的とした社会実験が数度にかけて行われたコミュニティサイクルである。2011年は世界初の交通系ICカードを活用したシステムの提示だったが、2012年の社会実験では独自のデザインを発表。車体の色は黒と黄色が主体となり、自転車返却時にフレームの黄色が返却台の黄色とマッチすることで「N」の文字が浮き上がる楽しさを演出している。ほかにも利用率向上につながる工夫がなされており、サドルの高さや荷台の設置など利用者の多数を占める女性に主眼を置いたデザインとなっている。なお、このNITYは公益社団法人日本サインデザイン協会が顕彰する2013年度SDAデザイン賞の最優秀賞も受賞している。
OSOROは眼鏡メーカーのMonkeyFlipと共同開発し商品化されたヒトとの繋がりを実感できる眼鏡である。東日本大震災以降、ヒトとのつながりが強く求められる時代となった。そこで登場したのがOSOROだ。OSOROには2つの形状があり、片方はやや大きめでレンズ部分のフレームが凹型となっている。もう片方はやや小さめで凸型のフレームとなっており、2つの眼鏡は互いに重なり合うデザインになっている。このようなさりげない仕掛けが施された眼鏡、OSOROが大切な人との繋がりを実感させてくれる。
今回の受賞を受けて伊藤准教授は「デザインは一人でやっているのではなく技術者や販売者などチームでやっており、それが評価されたことで次へのモチベーションにつながる。この地域の企業と連携して、デザインの力で活性化したい」と語った。今後は名古屋の街を良くしたいという強い想いのもと、NITYの実用化やOSOROのようなデザイン活動などに取り組んでいくとのことである。伊藤准教授のような想いが、さまざまなものに形を変えて名古屋の発展につながっていくのだろう。

Read Full Post »

Older Posts »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。