Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘連載:世界のことわざ’ Category

これからも様々なことに挑戦を続けていくというイリさん。ニュートンリング前にて。

写真の言葉はマレーシアに伝わることわざで「タ ケナ マカ タ チンタ」と読み、意味は「知らないと好きにならない」だ。このことわざを教えてくれたのはイリ・ファティマ・ビンティ・アブドゥル・ラザクさん(機械1年)で、とても明るく楽しそうに取材に答えてくれた。そんなイリさんはこのことわざにまつわるエピソードとして次のようなことを話してくれた。日本に来る前はソフトボールを知らないイリさんだったが、1年生後期の体育で友達に誘われてソフトボールを体験してみたところ、たちまち好きになったそうだ。中でも打席に立ち、バットにボールを当てた瞬間が好きだという。以前はルールさえ知らなかったが、体験してみることで好きになり、今ではテレビで野球中継を見るほど興味を持っている。また、名工大に来てイリさんが興味を持ったのはソフトボールだけではない。「格好良い道着に憧れた」とのほほえましい理由で合気道部に入部し、一生懸命部活動に励んでいる。前回り受身などの経験がなく苦労した事もたくさんあったそうだが、練習を続け今では大好きになったという。「夢の中で合気道をしたこともあります」と笑顔で話してくれた。そんなイリさんは「知らないと好きにならない」を実践するかのように幼少のころから活動的で、小学校ではホッケーとテコンドー、中学ではハンドボール、高校ではバスケットボールとゴルフ、マレーシアの大学で日本語を勉強している時はシラットに挑戦してきた。
イリさんにこれから名工大でしていきたいことを尋ねると、一番に「袴を着ること」と笑顔で返事が返ってきた。まだ合気道を始めたばっかりのイリさんは袴を着る段階に達してないそうで、「早く着てみたい」と語る。また、これから勉強することで得る知識を生かして、車のエンジンを作りたいという。名工大を選んだ理由も「F1が好きで、名工大は鈴鹿が近いから」だそうだ。なんにでも挑戦的で活動家、そして挑戦した事は楽しんでいくイリさんをついつい応援したくなる。

広告

Read Full Post »

今回取材に協力してくれた二宮アリソンさん。

「Diga-me com quem andas e direi quem es」とはブラジルに伝わることわざで読みは「ジガメ コンケイン アンダス エ ジレイ ケイン エス」だ。このことわざは、「良い人と付き合うことは、自分を高めることにつながる」という意味を持つ。
このことわざを教えてくれたのは、二宮アリソンさん(情報1年)だ。日本に来る前に小学校から中学校へ転校し、新しい学校生活が始まった際に父親から言われた言葉で、名工大と言う新しい環境になり、強く意識させられているそうだ。アリソンさんは父方の両親が日本人ということもあり、前々から日本に興味を持っていた。特に興味があるのは、日本独特の文化だそうで、その中でも驚いたことは、お店に入ったときに「いらっしゃいませ」と店員に言われることだ。日本人から見れば当たり前の光景だが、初めて言われたときは「何か返事をしなくてはいけないんじゃ…」と思ったがなんと言ったらいいかわからず、その場から逃げてしまったそうだ。母国のブラジルでは、お店の人に声をかけられるのは注意されるときぐらいなので、そのギャップに強い衝撃を受けたと言う。今では日本流の接客に驚くことはなくなり、非常に気持ちよく感じるそうだ。
今春から名工大での留学生活が始まり、自身の興味を持っている分野を思う存分学びたいと、気恥ずかしそうになりながらも取材に答えていた。

Read Full Post »

ことわざを教えてくれたファンさん。

「Get Busy Living, or Get Busy Dying」とはマレーシアに伝わることわざで「生活は有意義に送らないと死ぬのを待つだけだ」という意味だ。このことわざを教えてくれたのはファン・クンさん(電気電子2年)で、去年から名工大で留学生をしている。このことわざの下、自分もしっかり生きていこうと意識しているそうだ。
僕は「外国人は日本の電車が時刻表通りにくることに驚く」と聞いたことがあるが、ファンさんもその一人のようだ。マレーシアでは電車は時刻表に従わないのが普通らしく、ファンさんも時刻表は1度しか見たことがないそうだ。「マレーシアで時刻表を見る人はいませんよ」と笑いながら話していた時は、僕もつられて笑ってしまった。また時刻の不正確さに加え、駅が観光地等の近くに建っていないという。そのため電車を使う理由がほとんどなく、ファンさんも家族旅行等で電車は利用しないそうだ。僕は外国のことをテレビや本で見て楽しいなと思うことがあるが、ファンさんの経験談が含まれた話はそれ以上に楽しかった。
実は、僕はそんなファンさんとMTG仲間だったりする。MTG(Magic: the Gathering)とはトレーディングカードゲームの一種で、多くの言語に訳され世界各地の人に愛されている。僕は日本語版のカードを、ファンさんは英語版のカードを用いて遊んでいる。その時、ちょっとしたことから文化の違いを超えて簡単に関わり合えることを知り、「外国の方と接するのを難しく考えてはいけない」と思えるきっかけとなった。

Read Full Post »

世界のことわざ ~ガボンから~

下のフランス語のことわざはガボンに伝わることわざで、英語で言うと「The one who doesn’t get up early will never see Margouilla brush his teeth.」。直訳すると「早起きしない人は決してマグヤが歯を磨くところを見ることができない」という意味だ。日本で言う「早起きは三文の徳」であろうか。
このことわざを教えてくれたのはガボン国籍の留学生、メンビ・オフエリさん(情報工学専攻M2)で、オフという愛称で親しまれている。
「マグヤ」というのはトカゲに似た爬虫類の生物。したがっていくら早起きしたからと言ってマグヤが歯磨きをするはずもない。しかし、早起きしない人にはそれが本当かどうか確認できない。そんな人達に早起きを促すユーモアなことわざだ。
オフさんは、生まれの土地ガボンからフランスの高校・大学に進んだのち、日本に留学してきたという。ガボンで浜辺に住んでいた彼女が朝早起きすると、きれいな海と朝日が見えるという。
現在は石橋研究室でネットワークと情報通信の研究をしている。日本語の勉強のために「花より男子」「魔王」などの日本のドラマを字幕付きで見るのも楽しいという。そんな彼女は一言「日本に来てよかった」と話した。

Read Full Post »

090127_yoann1
090201_frkotowaza
世界のことわざ ~フランスから~

「レ ウォアヤジ フォルム ラ ジュネス」はフランスのことわざで、「旅行は若い人を育てる」という意味だ。昨年9月から名工大の留学生をしているヨアン・コードヒーさん(情報工学M1)が教えてくれた。(フランス語は上を参照)
小さい頃から旅行が好きで、スペインやアメリカのサンフランシスコのほか、イタリアには小学時代、中学時代、大学時代と3回旅行に行ったというヨアンさん。「新しいところを見るのが好き。旅行ではそれぞれの国が違う感じを持っているから楽しい」と話す。しかし、よくある1週間程度の観光地を巡る旅行では、現地の本当の生活や人の考え方までは分からないという。
ヨアンさんは短期留学なので3月で留学期間は終わってしまうが、これまでの約半年で日本人の考え方や生活の様子がやっと少し分かったそうだ。「留学は良いです。無理なら1~2ヶ月の長い旅行で一つのところに滞在して、現地の人と仲良くなるとよいです」と、ことわざを体験してきたヨアンさんがお勧めの旅行の仕方を伝授してくれた。

Read Full Post »

世界のことわざ ~ブルガリアから~

0812_stefan

「ゴミをプラムに」のブルガリア語。(�リル文�)

「ゴミをプラムに」のブルガリア語。(キリル文字)


「スリーヴィ ザ スメットゥ」は、ブルガリアに伝わる昔話。今年から名工大に留学しているステファン・ペトロブさん(情報1年)が教えてくれた。直訳すると「ゴミをプラム(すもも)に」。今回はその内容を紹介しよう。
「とある村で、結婚相手を探す男がいた。その男は家にあるゴミを自分の所に持ってきたら、その分だけプラムに換えてあげようと言って女を集めた。村の女たちはここぞとばかりに袋いっぱいにゴミを持ってきた。そんな中、手のひらに収まるほどしかゴミを持ってこなかった女がいた。その女は家にあるゴミだけでは少なすぎたため、『隣の家から貰ってきた分を足してやっとこれだけなのよ』と言う。男は最終的にその女を結婚相手に選んだ」
ステファンさんが言うには、ブルガリアの人たちは昔からなぞかけが好きで、男女が求愛の過程でなぞかけを使ってお互いが賢いかどうかを探り合っていた時代もあったそうだ。日本にも和歌を交換して愛を確かめ合っていた過去があるため、日本人とブルガリア人は国民性が似ているのかもしれない。日本はブルガリア人にとって暮らしやすい環境なのだろうか。ステファンさんは日本で元気に暮らしている。

Read Full Post »

世界のことわざ ~ケニアから~

「Mwenye nguvu mpishe.(ムウェニェ グブ ンピシェ)」は、スワヒリ語で書かれたケニアのことわざで、「強い人には譲るべし」。目上の人に対しては謙虚にしましょうという意味だ。
このことわざを紹介してくれたのは、ケニアから来た研究生、オケロ・フィリップ・オチエンさん。ケニアの大学で建築を学んだ後、今年4月に温度環境を学ぶために日本に留学。名工大の大学院を志望したのは日本の新聞で温度環境の分野では有名な堀越哲美教授(産業戦略工学専攻)の記事を見つけたのがきっかけだという。現在はその堀越研究室で研究生として日本語と専門の温度環境や大学院入試の勉強をしている。
フィリップさんはケニアではもちろん、日本でもいろいろな人と関わるときにこのことわざの重要性を感じるという。しかしながら、時には相手の間違いを正すために自分の考えを主張することも大切だそうだ。
マラソン選手が強く北京オリンピックでも金メダルを獲得したケニア。その強さの秘密は意外な謙虚さにあり!?

Read Full Post »

Older Posts »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。